omochi's kitchen

アニメソングなどの考察をするブログです。いろんな人の意見が聞きたいので否定的意見以外であればコメントなどよろしくお願いします。

summer tears diary【考察】

わたくし、何を隠そう香澄夜空推しなのですが、この曲は香澄姉妹でなければならないとおもっていつも聞いています。

 

夏、というテーマにたいして、当時二階堂ゆずや早乙女あこといったポップ勢は「8月のマリーナ」を歌いました。この曲ときれいに対比しているのではないだろうかとぼんやり思っていたんです。正直、前作から楽曲同士の対比的表現のされることは多かったように思います。

 

歌詞では「見送る夏」と「夏のおしゃれした旅人たち」がわかりやすいと思います。8月のマリーナの舞台は「海辺の街」。出会いと別れの多い街だというのが想像できます。「バカンスの終わりには約束をのこしてね」なんて、絶対再会に期待している言葉ですよね。マオリちゃんの曲かな?でも、summer tears diaryでは別れがまるで「永遠」のように歌っています。この違いはきっと、作中の主人公の立場(育ち)だと思います。

 

8月のマリーナでは「海辺の街で育った少女」。活発で、人懐っこくて…それでいて、別れが「永遠」でないことを知っている、「別れと再会の経験が多い子」です。だからこそ、次に会うという未確定な約束をすることが出来る。時期は夏休み…8月ですね。こちらのほうが精神的には幼いのかもしれません。

「恋よりも先に楽しまなきゃ」。つまり、まだ「恋」が身近ではない、もしくは「恋をしても無意味」と心のどこかであきらめているような大人な少女です。私は前者だと思ってます。「映画で見たような男の子」。都会から来た、ちょっと大人な子。(後述しますが、ここもsummer tears diaryと対比できるのではないかと)この男の子と「約束」を交わし、連絡を取り合っている、取り合おうとしている、のだとわかりますよね。

 

summer tears diary。この曲では「都会育ちの女の子」。ちょっと大人びてて、でもどこか幼くて、別れがまだこどもの自分では「永遠」になりかねないと理解している。ここも、時期は8月。そして、9月になってしまえば、転校していく人がいる。ここは男の子でも女の子でもいいんじゃないかなって思ってるんですけど。どちらにせよ、この主人公からみれば、「大切な人」。そして、彼女、別れることを考えただけで、泣いてしまうんです。別にここで幼いとかということではなく、別れに対しての考えが、やっぱり重い。何年も一緒にいたとか、本当に大切な人とか。少なくとも、一夏以上の関係です。そんな人が、去っていく。

「いつかは思い出の中で、君を探しても気づけない日がきて」。こどもの自分にはまだまだたくさんの出会いがまっていて、未来があって。そんな思い出に埋もれて、去っていく人が思い出せなくなる日が来ることがつらいのかもしれません。だから、あえて、「新しい場所でも、君は君らしく。」。「忘れないで」とも「いかないで」とも違う。背中を押す言葉。ここを香澄姉妹が歌うとかなりなきそうです。「流れ星」に願ったこと。それはきっと「いかないで。」。でも、その願いは言い切れないんです。彼女の中にある思いはこれひとつ限りではないから。

 

そして、この二つの曲は「9月に対しての心のベクトル」が違うんですね。「希望」か、「失意」か。大きく出てしまうと未来に希望が持てるかどうかなんですよ。それでも生きていくしかない。

 

そして、4月。香澄夜空は海外へと旅立っていきます。

 

 

 

【ネタバレ】デビルサビイバー2っていいよね(未完)【感想】

タイトルのまま。

 

デビルサバイバー2 BR。今更感満載だが、DS版をやってた(まだソフトを持ってる)ので3DS 版を購入。感想をつらつら並べてみようと思う。

ごろごろ書いてくからちょっとみづらいご注意。※事前情報ないときつい。※他に布教用書きます。※順番あやふや

 

トリアングルム編 

1日目(日曜日)

主人公いきなりなぞの場所でお目覚めです。なんだか過去の記憶が曖昧?

ティコ(男女ともに)現れてこの状況や前の世界のことを教えてくれます。なんだか最高のED迎えてる。

サダク+大団円エンドなので14人いるんだけど、ポラリスも倒してます。本質は回帰エンドだけど。

説明が終われば、ティコとお別れ。彼も新しい回帰した世界へ向かいます。

 

2日目(火曜日)  災い 秤を持ちて現れ 人の子らを量らんとす

なぜか月曜日無視して火曜日に来ました。

ここ(回帰した世界)で初登場、主人公の制服姿。ダイチともあまり関係性は変わってないみたい。ここで、本来過ごすはずだった未来を謳歌してくれたまえ…なんて思ってたら。テスト終わりのダイチの手にはニカイア(死に顔サイト)。これには主人公も驚き。ダイチに登録されたニカイアのティコは主人公をみて「お久しぶり」と…。しかし、回帰以前の記憶がないダイチはこいつなに言ってんだ状態。記憶を思い出してほしい主人公は必死に訴えるんだけどもなかなか悪魔のこととか信じてもらえない。イオちゃんとも合流して、「アイヒナ☆☆」のライブにいくことに。 イオちゃんも自分の意見とか考えを物怖じせず言えるようになってることに人間の成長(あの悪魔の七日間)は無駄じゃなかったなとかんじますな~。それにバン子とヒナも自分のやりたいことと向き合ってる。ますますニカイアが違和感を放っていきます。

 

アイヒナ☆☆のライブにきた一行。ちなみに会場はソラマチならぬカラマチ。スカイタワーの下。主人公はいつものうさみみパーカーに戻ってるんだけどここでダイチが「うさみみダイチ爆・誕!」とかいってんのまじでかわいくない??意味わからんわ。

そしてここでニカイアからの配信。っていうかいったい誰が何のために?

ライブ会場で死にゆく人々…。電車同様、三人とも犠牲者のようで、他にも一般人が多数。この動画をみた三人。まだ回帰前と同様に悪魔のことをしらないので、そのままその場にとどまることに。ここらへんでJP’s(ジプス)の制服を着た人たちとかヘリコプターを見かけたり、アイヒナに主人公「ヒナポッポ~」とか言ったりしてます。完全にやばいおたくだ。やっぱりダイチもイオも覚えてなくて「ジプス?」「アイヒナと知り合い?」となったり。

 

そして、ついにライブスタート!ここで流れた音楽、DS版のOPでちょっと感動した。…のもつかの間。なんかでかい物体がいるんですけど。傘の骨みたいな感じ。こいつがこの世界のセプテントリオン

そして、やっぱり悪魔の力を持たない主人公たちは成す術も無く…そしてもう一度、「生きる意志はあるか」。もちろん、あきらめないと答える。そしてもう一度悪魔に救われる命。しかし、なんてったってレベルが高いんだ。だっていきなりハクジョウシ出てきたよセプテントリオン編一日目の激強悪魔よ?そんなこんなでもう一度契約をやり直すために出てきた悪魔を倒すことに。ここで二人(ダイチとイオ)は記憶を取り戻すんだけど、やっぱり悪魔が強い話に。でも、彼らもレベルが上がってる様子。正直楽勝でした。やったぜ。

 

セプテントリオンもどきを見た三人は「回帰が失敗した?」「人間が成長できなかった?」と不安の嵐。だけど、この状況下、サダクが出てこないのはなぜか、ということで回帰失敗の上で、サダクになにか異変があったのかということになる。でもここでみんながヤマトをちょっと頼ってるのかわいい。やばくない?

 

マコトさんやオトメにあって記憶を取り戻してもらったのはいいけど、どうやら回帰したこの世界に「峰津院大和」はいないみたい。あのcv諏訪部順一という無敵さんがおとなしくしてるとは思ってなかったけども!なかなかハードな事態になっているようだぜ…。代わりの立場にいるのが「峰津院都」。名前が似てるって感じはしないけど、JP'sの局長なんだから大和レベルの化け物だ。この発言には今後後悔しか生まれない。しかし、この世界のセプテントリオンもどきは「トリアングルム」というなまえらしく、「北斗七星」の次は「春の大三角」らしい。しかも、セプテントリオンの目的は「人間の可能性をはかること」だったけど、トリアングルムは「確実な殲滅」を望んでいるよう。そして、この世界にはあるけど、回帰前には無かった「スカイタワー」もやはり日本の守護を担っているらしく、一番強い効果を持っているとのこと。だけど、このタワー、一体目のトリアングルムに倒壊寸前まで持ってかれてない??大丈夫??でもこのタワーのすごいことは「一撃を耐えた」ことだと思うんですよ。だから、なんとしてでも守らなくては。無の侵食も変わらずあるしね。

 

みんなに会う前に暴走携帯に遭遇するんだけども、まあさっくり勝ったわけで…大事なのは次。ここで主人公の体にノイズ?みたいなのが入った。言ってる意味わからないと思うけど、ノイズが入ったんだ。怖くね?主人公だけ記憶があったのも、なにかワケがありそう。

 

避難所でみんなを元気づけるためにパフォーマンスするアイヒナを見つけた三人。まだ記憶を思い出してないのかちょっとそっけないよ。悲しい。そんな二人の前にはまたまたこの状況を利用とする悪魔使いの人間が…。あれ、スキンヘッドさんあなた黒いスーツでしたっけ?と思いながらさっくり倒しちゃいました。てへぺろ。記憶を思い出したアイヒナ。でも変わらないわ、この感じ。こうしてまずは女から囲っていく主人公であった…。

 

仲間もそろっていよいよ今日のトリアングルム、「デネボラ」。実はこのゲーム難易度選択が出来るようになってまして。やさしいほうの「福音」でプレイしてたんですけど、一体目でばか強い。なきたい。なかない。しかしまあ、うちの子達はやってくれました。セプテントリオン編ちゃんとやっといてよかった…。でも、デネボラは砲台が立派なだけでそんなに強い部類じゃないんだろうな…。「ククク…デネボラはわれわれ三天王のなかでも最弱!」っていわれてるんだろうな…。かわいそう。

 

これで倒した!ってところでなんと噂の峰津院都!あれ、敬語キャラだしトリアングルムも倒さないで捕獲だったし優しそう…。かわいい…。思い返せば大和もかわいかったわ。めっちゃほめてくれるし、めっちゃ主人公だけ特別扱いだし、たこ焼き好きだし。そりゃかわいくならないわけないね。逆にゴリラ出てきたらさすがにしんどい。この後この子とお話するイベントがあるんだけどどきどきしてきたわ。女だけど、私。

 

JP's(国会議事堂の地下)に到着した一行。ここでわかったことは

  • 都は大和を知らない
  • そしてサダクもしらない
  • だけどサダクの存在は過去の峰津院の歴史の中に確認
  • 都は物分りがいい。(良すぎる)
  • 都はミヤコちゃんと呼ばれることがちょっと苦手。
  • 協力してくれる悪魔使いの家族に対して保護を行うという大和とは違う点

局長というだけで、結果的には違う存在なんだなということが確認できたことが一番の収穫なんじゃないか。ミヤコはサダクや大和の捜索にも力を貸し、他の悪魔使いの仲魔たちの行方も調査してくれるという。「有能か無能か」が判断基準だったヤマトとは大きく違う点。それにしてもかわいい。刀を携帯しているのか、刀でトリアングルムを捕獲していたけどここも違う。それにしたってかわいい。でもサダクと直接関わらなかったからこそ、こういう思考になったのだろうか。それにしてもほんとかわいい。

 

ミヤコのイベントを優先的進めた結果、わかったのは「大を救うために小を切り捨てる」という大和とは真逆といってもいい考え方。うーーーん、なんだかこの子、怪しくなってきたぞ。かわいいけど。

 

三日目に続く

episode Soloの考察

アイカツスターズアニメ一期も終わり、25代目S4のepisode soloはなんとも胸アツでした。ここでepispde soloの解釈をしていこうかなと思います。いろんな人がやってるとか言わない。

 

 

 

アウトロが終わると

 

イントロがながれてくる

 

次の曲へ

 

 

ここの入りの歌詞はまるで「移り変わっていくS4」を強く意識しているのだと思います。これを一期の最終回にもってくるあたり、アイカツは曲とアニメが互いにリンクしてるのだと驚かされますよ…。そしてこの曲は最初のED。つまり、EDの時点では彼女たちは現役S4として歌唱していて、最終回ではもう過去のS4になっている、「イントロ」から「アウトロ」になっているんです。

 

準備はいい?深呼吸

ちょっとだけ指が震えてる

 

これはまだS4になりたての自分たちを、「イントロがはじまったばかりの曲」と重ねているのではないでしょうか?いまでは想像できないけれど、彼女たちにもそんな時期は必ずあって、少し前の自分を思い出してる。そんな風に聞こえます。

 

進んでいく舞台には きみひとり

瞬間 世界がかわるの

 

これは各分野ごとにトップがいる四ツ星学園ならではの表現です。「進んでいく舞台(フィールド)には きみひとり」「瞬間 世界(雰囲気?)が変わるの」

得意なことなら、だれより自信をもって輝ける。「準備は~」の歌詞から少し自信を持った"今”に近い感情です。

 

孤独をおそれない 女の子がいる

おんなじ勇気を持ってる 仲間がいる

episode Solo

集まったら good collaboration

最強のLIVE

 

孤独をおそれない、というのはきっとトップになったことによる重圧や理解してもらえない感情を全部受け止めてステージに立つことが出来る、私たちの知る「S4」です。しかし、彼女たちには得意分野は違えど、ともにトップに立つ「仲間」がいる。そして、その4人が集まれば、最高のステージになる、最強のLIVEが出来る。という意味合いだと思いますが、ここは私には、そう言い聞かせてるようにも解釈できる気がします。

たとえば「孤独をおそれない 女の子がいる」といったように、ここの歌い手はあくまで傍観者であって、当事者ではない。ここは「白鳥ひめ」のことような、そして他の三人が彼女のことをうたっている。「おんなじ勇気を持ってる 仲間がいる」といったようにここも傍観者的ですが、彼女(ひめ)とともにS4としてステージに立つ、とはそういうことではないでしょうか?”同じ勇気(孤独をおそれない)をもっていなければ、彼女とステージに立っても、仲間とはいえない”。そう感じました。日本のアイドル界のトップを走っている彼女の隣に立つのですから。それは、ツバサが一番感じてるんじゃないかな。そして、「白鳥ひめのステージ」を超える、最強のLIVEにつながるのではないでしょうか。

 

もうダメと目を閉じた瞬間に

キラリ閃いた

 

二番にはもっと過去にさかのぼった、「ツバサの決断」だと思われます。S4の歌なのに、なぜ彼女個人の過去を歌うのか。それは、きっと彼女の劇組への転身がいろんなアイドルたちへ背中を押すからです。彼女のアイドルとしての人生は決して甘くはないもの。同世代に「白鳥ひめ」という天才がいたことが彼女を大きな一歩へ踏み出させました。彼女がいなかったら、ツバサは劇組ではなく歌組の幹部やS4として活躍していたのかもしれない。けれど、彼女が一度折れかけた翼をいま、大きな翼(自分だけの武器)へへと成長させられているのはこの「大きな決断」によるものです。自分の好きなことだけを見つめていても、それだけが世界じゃない。新たな挑戦を彼女は自分の身で証明し続けるでしょう。

 

イマジネーションは 誰かからもらうもの?

それとも 自分の中から?

 

次のS4へ歌う、特にゆめや真昼へのメッセージに聞こえます。

新たなS4へと選ばれた二人も、以前は「打倒!お姉ちゃん!」や「ひめ先輩みたいなS4になりたい」と繰り返す少女でした。それも今は自分の道を見つけ、S4としてあるいています。

話はすこし変わりますが、ブランドの話を。

新しいゆめのブランドとひめのブランド。この二つのドレスを見比べたときに「ゆめは幼い少女の憧れ。」「ひめは少女が童話の中で夢見た世界」を表現しているのではないかと。特に二人の第一弾のPRは色合いが似ていますが、ベリーパルフェ(ゆめのブランド)は「少女のおめかし」。マイリトルハート(ひめのブランド)は「少女の夢の中のお姫様」なのではないかなと。思えば、「こてこてにかわいい」ものはひめのブランドにはあまり無かったように思えます。星のツバサも楽しみですね。天王星はひめで木星がゆめかなと勝手に想像したり…。

 

戻しまして、二番サビを

 

クールに見ている もうひとりの私

素直なアドバイスをくれる

episode Solo

 

アドバイスというのも一番サビとはちょっと違うことがわかります。

S4になっても、彼女たちは完璧ではない。そんな一人のアイドルたちが、S4という大きなものを背負ってたつための努力(反省)は惜しまない。そんな普通の女の子なのだとここでは歌っているのではないでしょうか?自分だからこそ、S4という肩書きを無視してアドバイスが出来る。

 

贈りもの胸に抱いて 生まれたこと忘れないで

もっと出来る そう言い聞かせた by myself

 

ここ、個人的に一番好きなとこでして。「贈りもの」という誰もが持ってる才能を忘れないで、さらに上へいける。という、自分をも巻き込んだ応援歌なのではないでしょうか?ここの歌詞、私は夜空と重なると思っています。S4戦では夜空だけが、現役S4にポイント差で敗れてしまいましたが、彼女は特殊なS4のメンバーのなかでもずば抜けて特殊だったと思います。初登場から印象が変わらず、積極性はないわけではありませんが、それが垣間見れるシーンは少なかったと思います。彼女のいたころのロマンスキスも「夜」というのが前面に現れたデザインで、まるで「夜明け」を待っているかのようでした。だれより先見の明がある彼女には、真昼という一人のアイドルが自分を超えていってくれること、そして越えていった先にロマンスキスの成長があるとわかっていたのではないでしょうか?「姉の背中」をある種純粋に追いかけていた真昼がいつか(S4戦)その背中を追い越して、それでも上を目指せる。そんな風に思えたから、彼女はこれからS4として走っていく「香澄真昼」に、”贈りもの~”と応援して、旅立っていく未来の自分に”もっと出来る”といってる風景なのでは。

 

リボンをほどいて

自分を解き放つのよ

 

ここでS4の制服を思い出してください。背中には大きなリボンがありますよね。あのリボンをほどく、というだけの意味ではとは思いますが「リボンをほどいて」=S4ということを忘れて。という、「一人のアイドルとしてのパフォーマンス」をみて、といういみに聞こえて、もう…つらい…。(語彙力の低下)

 

孤独をおそれない 女の子がいる

おんなじ勇気を持ってる 仲間がいる

episode Solo

集まったら good collaboration

最強のLIVE

 

ここで一番サビに戻ります。ここのサビの意味、S4として、全員が等しい輝きをもって歌っている最終回と同じ意味だと思うのです。白鳥ひめという天才と一緒に歩めるようになった自分に自信を持って歌えるのです。「おんなじ勇気を持ってる仲間がいる」それは私たち、という意味合いにつながっていくのです。

そして、新しいS4へのメッセージ。25代目S4を超えて、最強のライブをしてみろという強い強い期待を感じます。

 

こんな感じで暇があれば書いていきます。よろしくお願いします。